FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の嫁入り

以前、母が実家に御嫁入りするときのエピソードを
ブログに書いたように思います

今年のお盆、母に聞いた嫁入りのエピソードが
そのときと違っていました

確か、以前のブログには、
最初に決まった嫁ぎ先が本家よりも格の高いところだったから
嫉妬を買ってそこに嫁に行くなら縁を切ると言われたと
母から聞いて書いたのですが、よくよく聞いたら違っていました

最初に決まっていた嫁ぎ先というのが、
理容室を経営している小さいお家だったそうで、
結納金も少なく
本家が母をそんなところにやるのなら縁を切ると
自分の娘を苦労しそうなところへみすみす嫁にやろうとする
母方の祖母に対して抗議するためにいってきたことでした

母方の祖母は、その間
たまたま裁縫をならっていた先生の知り合いから、
私の実家の縁談話を聞き、
結納金も最初の所とは比べ物にならない金額だと知り、
母を連れて最初の縁談話の相手に謝りに行き、
とっとと縁談話を断り、
用意していた安価な嫁入り道具も全てキャンセルして、
それよりももっとランクが上の箪笥や着物の生地を買いこみ、
毎晩毎晩、仏間で祖母が一生懸命着物をぬっている後ろ姿を
いまだに思いだすと母が言っていました

祖母は、高い家具を用意し
良い生地の着物を縫ってやるという
見当違いによかれとおもってやっていたんだろうと思うし、
そこには母の存在はなく、
元はと言えば祖母の空虚を埋める行為だと感じるし、
母は何とも言えない気持ちで見ていたんだろうなと思います

そもそも、最初の嫁ぎ先にしろ
祖母の不安を解消するためだったんじゃないかと思うと、
私も祖母にお前が嫁に行かないことが不安だと
しつこく言われた経験があるので、
なんて勝手なんだろうと思って聞いていたのですが、
母はその事に対して
祖母が喜んでいる姿だけを思い浮かべているようでした

私は、まるで、母が祖母の不安や空虚の為に
身売りされたかのように感じました

そこまでされても母は直接祖母にはなんにもいわず、
それなのに私の実家では時と場合によって、
自分の扱われ方に対する怒りを撒き散らし、

自分の承認欲求を家族に確認し続けたりと
コロコロ気分を変え家族を巻き込む生活をしていました

これは、私にも通ずるところがあります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zukamama

Author:zukamama
夫がうつ病になり、わが子が不登校になったことから、自分の生きづらさが関係していることを知り、回復に向けてやってきたこと、きづいたことを書きづつっています

セッションルーム あなここ
あなここ本の紹介
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
あなここインターンズ倶楽部
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。