FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーディガン

田舎で親戚が集まると、電車で来た人の為に
車の運転ができない父に代わり
母が駅まで送迎をしていました

私は、親戚のおじさんやおばさんを
一緒に駅まで見送りにいくのを楽しみにしていました

その頃お気に入りだった
クリーム色でぷくっとぼんぼりのような編み込みがしてある
よそゆきのカーディガンを羽織って
ウキウキしながら車庫の所まで行きました

山ん中で田んぼや畑しかない環境に住んでいた私にとって、
駅はまるでテーマパーク並の楽しそうな場所でした

2両編成の電車や線路
切符の券売機、ジュースの販売機、
駅員さんがパチンと切符を切るしぐさ、
その間を行き交う、よそ行きの格好をしたお客さんたち

駅の隣には、何台ものバスがとまっているバスターミナル
ゆうゆうと行き交う大きなバス

駅の周りには、食堂が喫茶店があって、
美味しそうなどんぶりや麺もののレプリカが並んでいるケース

バスターミナルの逆側には、
特殊合金を作る大きな工場があって
大きな音がしたり、ダンプカーが出入りし、
まるでロボット工場のようでした

それに、駅までの道に、私の通学路があり
おじさんやおばさんたちが通学した道でもあり
いろんな思い出話をきいたり
自分の話もしようと楽しみでした

私は、おじさんやおばさんたちと一緒に
車に乗り込もうと車のそばで待っていると、
運転席に座っている母に
「おめーはこんでいい!」とピシャリといわれました

理由は、私が乗ると、
車に乗る人数がオーバーになるからでした
でも、弟は小さいから
大人のひざに乗せておけば
人数にならないと言う理由で連れて行ってもらえました

なんで弟だけみんなといけるのか
弟ばっかりずるい
一緒に行ける弟が羨ましかった

一緒にいけないことも知らず、
お気に入りのカーディガンにまで着替えて、
ウキウキと喜んで車庫まで行ったのに
みんなの前で、お前は来るなと言われて
とても恥ずかしかった

それに、どうして私だけがつれていってもらえないのか?
人数が多いからという理由も納得できなかった
なにより、私も一緒についていきたかった

駅に行って色々なものをみたかった
お気に入りのカーディガンでお出かけしたかった
車のなかで、おじさんやおばさんと
色々話しながら盛り上がりたかった

どの楽しみもなくなって
私はぼんやりと
車庫の近くの柿の木の下で
みんなが乗ってる車を見送っていました

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zukamama

Author:zukamama
夫がうつ病になり、わが子が不登校になったことから、自分の生きづらさが関係していることを知り、回復に向けてやってきたこと、きづいたことを書きづつっています

セッションルーム あなここ
あなここ本の紹介
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
あなここインターンズ倶楽部
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。