スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームボーイアドバンス

長男が5年生の時です

その頃の私は、主人のうつ病と長男の学校でのいじめ問題で
いつも頭を悩ませていました

学校で懇談があり、私は担任に長男がいつもいじめられている事
我が家は主人も病気だし、
大変だという事を伝えようと学校に向かう途中
携帯に電話がかかってきました

当時、仕事を長期療養休暇で休んでいた主人に、
家の中でうつうつとしてないで、
気晴らしに子供たちを一人ずつ連れて遊びにいったらどうだと
私から提案し、主人はいわれたまま
まず、長男を連れて梅田にあるポケモンセンターに行っていました

ポケモンセンターでうっている、
ゲームボーイアドバンスを買ってほしいと長男が言っている
幸い、手元にお金があるからかってやってもいいか
との電話でした

ちょうど、ポケモンのゲームがはやっていて、
長男のクラスでも話題でもちきりだった時期だと思います

私は、(ゲームなんか!)と、
そんなに悪いものをなぜ買って良いかなどきいてくるのかと
怒りとともに主人に買わないでやって欲しいと言いました

私の返事を聞き、一度主人は電話を切ったのですが、
長男が一生のお願いだからと店から離れようとしない
買ってやってもいいかともう一度電話がかかってきました

私は、小学校の廊下を歩いていて、
担任の先生と話す手前まできていました

「だめっていってらだめ
あの子はのめり込んだら他の事なんにもしなくなるんだから
絶対だめ」

そう言うと、これから懇談だからと電話を切りました

長男にゲームボーイアドバンスを買ってほしいと
延々ねばられた主人は、私に買うなと言われ
買ってやることもできず、
なんとか長男を説得してくたくたになって家に帰ってきました

当然のことながら、
その日から主人の病状は悪くなりました
私はその時、電車で出かけたから疲れたんだろうと
自分のやっていることは棚に上げていました


後日、私は
長男に、赤いプラスチックでできた
ポケモン図鑑というのを買ってやりました

ポケモンの名まえを入力すると、
ポケモンの特徴が表示されるだけの、しょぼいおもちゃでした

長男はそれをもって、友達の所に行きました

ゲームボーイアドバンスを使って
ポケモンのゲームソフトで遊んでいる横で、
長男は、ポケモン図鑑でゲームをしているふりをしていました

そんなもので友達同士のやり取りができるわけもなく、
友達がやっているゲームが見たくて
横から覗き込むようにしていると、
うざいねんおまえ とか、 じゃまやねん あっちいけと言われ
それでも側にいる長男を
友達はつきとばしたり、蹴ったりしてきました

とうとう、側にいられなくなった長男は、
同じマンションの階段の1階でみんなが話している声だけをきいて、
じっと座っているところを私が迎えに行きました

そんないじめられてまで、なんでいるんだ
かえっておいでと長男を呼ぶと、
ここで友達の会話を聞いているだけで楽しいと返事があり
私のいうことをきかない長男への怒り
長男をいじめて仲間はずれにした友達への怒りで
うっすらと感じた悲しみを打ち消しました


この話は、以前ブログに書いた
私が中学の頃使っていたスキー板が
木でできた伯母のお下がりだったことと、
なんら違いがありません
スキー

私はあの時、みんなの前でぼろいスキー板をはいて
恥ずかしかったと母に言ったけれど、
長男は何にもいわず、
友達から仲間はずれにされても、
近くで声をきいているだけでいいと
友達のそばからはなれませんでした

挙句に私は友達を優先する長男に嫉妬し、
無理やり家に連れて帰ろうとしました


ゲームボーイアドバンスで友達と揃ってポケモンゲームをし
ゲットしたポケモンを見せっこしてもりあがったり、
対戦しあったり、交換したり、
そんなやり取りを、また次の日学校に行って話して盛り上がる

そんな中、長男は次の日学校にいっても、
友達との話題についていけず
どんどんぽつりと孤独になっていっていたでしょう

私は、長男が友達と遊ぶ楽しみを奪い、
一緒に遊べない環境をつくって被害者意識を植え付け、
人と関わることの面倒くささをつくりだし、
私が経験してきたことを思い知らせようとしました

それだけでなく、
主人に対しても、私がこんなに子育てで大変なのと、
大変さを無理やりでっちあげて思い知らせようとしました



長男がいじめられていたのではなく、
長男がいじめられるように
そして誰ともつながり会えないように、私が仕組んでいました


私におんぼろのスキー板を持たせた母のように
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zukamama

Author:zukamama
夫がうつ病になり、わが子が不登校になったことから、自分の生きづらさが関係していることを知り、回復に向けてやってきたこと、きづいたことを書きづつっています

セッションルーム あなここ
あなここ本の紹介
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
あなここインターンズ倶楽部
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。