FC2ブログ

人の存在

あれから、うどんの事を考えました

私がうどんの記憶を語るとき、
母がいるにいるにはいるのですが、

その時の母はうどんをたべていません

年越しのとき
わたしだけうどんを食べてたとき、
母はそばを食べていました

朝ごはんに母がうどんを作ってくれた時も、
母はごはんを食べていました

私だけ、うどんをたべていました


特別に扱ってもらった感じはあるのですが、
そこに一緒に食べた記憶はなく、
おいしいね~
あったまるね~というような会話は全くありません


それでいて、私はうどんが好きだといって
うどんを食べているという事は、
まるで片思いをしているような感じで
とても寂しいなと感じるようになりました


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zukamama

Author:zukamama
夫がうつ病になり、わが子が不登校になったことから、自分の生きづらさが関係していることを知り、回復に向けてやってきたこと、きづいたことを書きづつっています

セッションルーム あなここ
あなここ本の紹介
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
あなここインターンズ倶楽部
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR