FC2ブログ

嫌な記憶が良い記憶に変わる

秋になると、実家で報恩講というお祭りが行われていました

親戚が一杯きて、うちでとれた作物や
料理屋さんからとった料理を食べて宴会をするのですが、
お客さんが来るための支度で、
報恩講の数日前から家の中はいつもピリピリしていました

当日も、
お客さんが来るから行儀よくしておかないといけないし、
母はおさんどんでヒステリックになってるし、
私は小さい従姉妹の面倒をみないといけないし、
もの寂しくて早く終わらないかなといつも思っていたと思っていました

セッションを受けた時、ジュースの話題になりました
私は小さい頃、ジュースを飲んだことがないと思っていたのですが、
この、報恩講では、いつもプラッシーを飲ませてもらっていました

薄いオレンジ色のジュースで瓶に入っていて、
黄色いケースにどっさりおいてあって、
何本飲んでも怒られませんでした

お刺身や海老フライ、蟹の酢のものなど
お客じゃない私の分も料理屋さんに注文してくれていて、
男は座敷の間でたべるけれど、
私たち子供や女は、縁板の間に畳表を敷いて、
広い机に料理を一杯ならべて、
好きなものを好きなだけ食べて、プラッシーをぐびぐび飲んで、
おばちゃんたちの噂話をきいたり、子供たちで遊びまわったり
とても楽しい時間だった事を思い出しました

座敷の間に上がっていって、
よっぱらった親戚のおっちゃんの顔見て笑ったり、
おおきくなったなぁ~とか、
かわいなったなぁ~と褒めてもらえるのが嬉しくて
ニコニコとしていたことも思いだしました

報恩講は、
嫌なことしかなかったと覚えていたけれど、
それ以上に嬉しい事や楽しい事があったってこと思いだしました



楽しい記憶というのは、
自分の自信になるんだそうです ^_^

プラッシー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zukamama

Author:zukamama
夫がうつ病になり、わが子が不登校になったことから、自分の生きづらさが関係していることを知り、回復に向けてやってきたこと、きづいたことを書きづつっています

セッションルーム あなここ
あなここ本の紹介
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
あなここインターンズ倶楽部
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR