FC2ブログ

できてはいけない

音読メンバーからファイルの送信をしてもらったときのことです


私だけ、うまく受信ができずに四苦八苦しました

lineで、他のメンバーの見れたよーの文字を見るたび焦ってきて、
ファイル解凍はできる?と、
データ送信してくれたメンバーからメッセージをもらった頃には
あきらめて投げ出したい気持ちになっていました

今までの私なら、できない自分でもええわと思って、
”もういいよ 私だけ、なしでいこう”などと言い、
ファイル受信を諦めていたと思います

でも、今回は
みんなで音読したデーターを一つにするために
lineでやり取りしたり、ボイスで色々話したときの
まるで部活動でもしているような
文化祭の準備でもしているような
何かを一緒にやろうとしているワクワク感がずっとあり、
最後のさいごに
私だけ達成感がかんじられないことがとっても嫌でした

なんとか、自分でできないかと
一生懸命できるかぎりのことをしてみました

解凍ファイルを検索しダウンロードして試したら
聞くことができるようになりました

私は、(これで皆と一緒にやれる~)という気持ちで
とても嬉しく思いました

受信出来たことlineでうけとれたよ~と報告すると
”良かったね”と声かけがあり
ますます、嬉しい気持ちになりました


今回の件で、
今まで私は、皆と一緒になることを、
すぐに諦める癖があったことを意識しました

私がみんなと一緒になるということは、
母を置いてきぼりにすることだったんだなと思いだしました

私が今まで、
うまくいきそうになったことですら、
わざと達成するのをやめたり
諦めたりしていたのも、なぜだったのかわかりました

お母さんを守ってきた

その意味がわかったきがします

今回、できない自分に引きこもらず
達成感や連帯感を自分から選択したことは、
今までの自分の枠から、
一歩抜け出したきっかけになったと思います


モニター募集




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zukamama

Author:zukamama
夫がうつ病になり、わが子が不登校になったことから、自分の生きづらさが関係していることを知り、回復に向けてやってきたこと、きづいたことを書きづつっています

セッションルーム あなここ
あなここ本の紹介
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
あなここインターンズ倶楽部
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR