スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の本当の心を認める

義母の件があった次の日、
りんりんさんとのセッションがありました

私なりに、答えを出してみたつもりでいたけれど、
やはり、義母に来てほしくないと思った自分の心を
責めていました

『思い入れって 純粋に思い入れを感じた分しか
返せないもんだよ』

そうりんりんさんに言われても
私はピンときませんでした

『お義母さんが、お義母さん自信を認めてほしくて、
いろいろ、世話焼いてくれる

そのことが、自分を大切にしてくれているように感じない
だから、その純粋に愛された分しか、
相手にはかえせないってことだよ』

わたしは、義母が私を操作するために
私をほめちぎったこと、わかっていながら
もっと褒めてもらおうとしていたこと
自分でわかっていました
でも、辞めることができなかった・・・

『どこか、重たい感じ のしかかられる感じ
依存される感じ 下心、ありあり』

りんりんさんに文章で書かれたのを読んで、
私は義母にどれだけのことをされてきたか、
自分がどれだけ我慢したか
辛かった記憶がどんどん吹き出しました

義母の電話から、生理が止まったことを話しだすと、
『自分を痛めつけてまで相手を愛せないこと
罪悪感持つのは、いかんよ~』
そういわれ、
自分に閉じ込めていた感情の封印が
はじけとんでしまいました

いつも、義母の亡霊に追われているような恐怖感

その反動から、長男が小さい頃、
私は、長男を殺してしまうんじゃないかと思うほど
虐待してしまったこと

他にも、義母と義兄の関係から、
義父や、もっとその先祖からつながっているもの、
我が家との関係など、
ずっと自分の中で思っていたことを
さんざんりんりんさんにぶちまけました



『お義母さんのこと、嫌いっていえない?』



散々私が話した後、りんりんさんに言われたその言葉に、
今まで自分に酔ったかのように
心の中をぶちまけていた状態から
一気に現実に引き戻されたような感覚がありました

「そんな恐れ多いこと、言えるわけがないじゃない!」

この、ものすごい抵抗感・・・


これだけの事を言った人間を好きなわけがないのに、
でも、嫌いって言ってはいけないどころか、
ありがたいと感謝したり
言いなりにならないといけないという考え方に
さっきまでの吐きだしたものがかき消され
私はダメな人間だと思いました


それは、義母的な、
私を操作し支配しようと植え付けられたシステムであって、
でも、その方法は、
もとはといえば実母との関係で出来上がったシステムで
それに逆らうことで、拒絶されたり無視されたりして
私は孤独になり、不安に陥っていました

逆に母の(義母の)思う通りになることで、
その場しのぎの愛情を受け、安心したように思いつつ
でも、本当の自分はどんどん置き去りになり
結局、心は満たされず、

もともと、そういった方法でしか
自分を満たす方法をしらない母(義母)も
同じようにいつまでたっても満たされない気持ちを
人(私)を利用して満たそうとするので、
相変わらず支配はつづき、

どんどん、私はうっぷんが溜まって行くけれど、
そのうっぷんを認めてしまうと、
母(義母)の作ったシステムにそむくことになるので、
また孤独になり不安になることが怖くて、

本当の自分をなかったことにしてがんじがらめになり
こんなぐるぐるのなかで、
自分をねじまげた状態にして生きてきたことがわかりました



今回のりんりんさんとのセッションで、
まずは、自分の感情 本当の心を認めてやることが
母や義母から自分を取り戻す
新しい自分スタイルの考え方であって、
本来、そういうものは、その人自身のものであり、
長男や次男にも、誰にでもそれぞれあるもので、
逆に、私はそれを利用して、支配してはいけないんだと
そういう感情は、
自分をつくり上げる大切なものなんだとわかりました







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

同じだ~

づかさん こんにちは。

私もいわれたことある

「キライって言えない?」って
やっぱり言えなかったよ。

その言葉を出す前に
色んなものが出てきて
フタをしようとする感じだった ^^;

嫌いって言った方が自然なはずなのに
ヘンなもんだね 

つゆこさんへ

うんうん

嫌いって思ったことで、
蓋をしていた自分の感情が
バーっとあふれだしちゃうんだよね

そのくらい、自分の事を
自分で押さえつけてるんだろうなぁ

もういいんだよって自分に言ってやって、
心の荷物下ろしてやりたいね

コメントどうもありがとう 
プロフィール

zukamama

Author:zukamama
夫がうつ病になり、わが子が不登校になったことから、自分の生きづらさが関係していることを知り、回復に向けてやってきたこと、きづいたことを書きづつっています

セッションルーム あなここ
あなここ本の紹介
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
あなここインターンズ倶楽部
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。