スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人を好きになること その5

私は、
母親の孤独、空虚、寂しさ、悲しさを埋めるために、
母を満足させたいがために
頑張って、我慢してきたんだなと思います

母の満足が、私の満足だったんだなと思います


そして、その母子関係が、
私の人間関係の基盤になってしまっていました


相手が、何の気なしに言ってきた言葉でも、
求められたと勘違いして必死になったり、
必要以上におせっかいをやいたり
そうすることで、
認められたと想像して満足することが
自分にとっての喜びだと勘違いしていました


私が、頑張れば頑張るほど
要求されるレベルが上がってゆき、
しんどくなって我慢の限界がきた時に、
関係をバッサリと断ち切り逃げ出し、
別の場所で全く新しい関係を構築し

また頑張り、
しんどくなって我慢の限界がくる

その連続でした

そこには、求められる事にこたえるばかりで、
私が求める事はありません


母親に承認してもらえた経験のない私は、
ずっと認めてくれる人を探して
そして、
承認してくれる人がいても、
それを認めず生きてきていました

母親が、私のやっている事を心底認めないのは、
私を認める事でで私が安心して
母をほったらかして
自分の道を歩くことが怖いからだと思っています

私が自分の道を歩くと言う事は、
母はまた孤独になる為に、怖いんだと思います

母は私が他の人を好きになることが
耐えられないでしょう

そして、私も
誰かを好きになる事は母を裏切る事になるので
本当に人を好きにならずに
達成感や充実感をさけて生きてきました

私はそうやって、母を守ってきました

でも、もう辞めます


私は、
ひとつの所でじっとしていていい

やりたいと思う事をやっていい

人を好きになっていい

そうやって、自分を開放してやります


スポンサーサイト
関連記事

人を好きになること その4

私は今まで、
求められる事を果たすと言う事で喜びを感じ、
充実感を味わっているんだと思い込んでいました

私はそうやって、
自分の事を誰かに決めてもらえなければ、
自分が何者なのか、自分は何をもとめているのかさえ
わからない人間でした

正確に言うと、
ほんとうは自分は何が好きなのか、
どうしたいのか
自分の本当の気持ちはあったとおもいます

でも、それを言ったら
裏切る事になる
突き放す事になる
ひとりぼっちにさせることになる
そんな感情が、自分に蓋をしていました

そうやって、守ってきたんだなと思います


実際に、自分が守ってきたものはなんだったのか
直視する事でなにがわかるのか

それをみたくなくて、
私は、自分を求めてくれる人を求めて、
自分を求めてくれる人をつくりだして
生きてきたんだなと思います


現実をみてみると、
結婚した夫は、うつ病になり、
私の事や子供の事を自分の心から排除してしまっていました

私の事を可愛がってくれた義母も、
孫ができると私の存在は全くきえさりました

私は孤独になりたくなくて、
長男や次男に安心感を与えず、
私がいないとなにもできなくなるようにして
自由を奪い動けなくしました

どれもこれも、自分を求めてくれる人を探し、
いなければつくり上げていた現実からなるものでした

私がつくり上げた現実でした


なぜこうなるのか

なぜいつもわたしばかりこんな貧乏くじをひくような人生なのか


それは、
私が自分の評価を常に誰かに求めていたからでした
私がみずから選んでいた道でした

がんばったね

えらかったね

よくがまんしたね

良い子だったね

その評価を
誰かから欲しいがために求めていたからでした



そうやって頑張ってきていたことが、
どれだけ残酷な事であっても
私は、評価してもらえたという喜びを得る事で
満足だと思い込んでいました



だったら、本当の私は、どう思ったの?
どうしたかったの?

関連記事

人を好きになること その3

私の喜びは、求められる事でした

私を必要としてもらえることが、何より嬉しい
その感覚は、私の中で強くあります
必要とされていることに充実感がありました


逆に、
私は何を求めているのかと考えると、
私の為に何かをして欲しいというよりも、
私を認めてほしいというような感覚があります


えらかったね

がんばったね

よく我慢したね

・・・良い子だね


私は、良い子だと思われたくて、
誰かが欲求する事にこたえてきたという感じでした

私が求める事は、
自分が求められた事を果たせているのか
それのみでした



旧式のおんぼろスキーでも、我慢してはいて
みんなの前で滑ってきた

それすら、
求められた事を果たしただけのことでした
関連記事

人を好きになること その2

そして、その頃本当に好きだった友達は、
黒のブレザーの制服の
頭の良い子が行く高校の子でした

違う色の制服を着た二人が一緒にいると、
微妙なかんじで、
滅多に制服では一緒に出歩かなかったのですが、
私はその子と一緒にいると
自分でいられるような気がしていました

いつも本音でものをいってくるのでぶつかり合う事もあり、
私がそっけない態度をとっても
あっそと、おいかけてくるでもなく
でも、その子の所になぜだか会いたくなり、
週末になると、その子の家に泊りに行っては、
二人でしょっちゅう夜中じゅうはなすことがありました

その頃は、お互いの家の愚痴や
彼氏のことや、先生の文句や先輩の悪口など、
自分が本当に思っている事を言いたい放題言い合っていました


関連記事

人を好きになること

私は、二つかけもちしている仕事先の
一方の鍼灸院の先生から
スタッフが一人やめるので、
週に二日ではなく
月曜から土曜まで通しではたらいてくれないか
そうなると、今掛け持ちで働いているランチパート先を
やめてもらうことになるんだけど
と、もちかけられました

私は、とても喜びました
今までの勤務時間数より多くなり、
収入が多少増えることもうれしかったですが、
なにより、自分を必要としてもらえることが
私にとって一番の喜びでした


ところが、1日ほどたつと、不安がわいてきました
ほんとうに、ここ一本にしていいの?というような気持ちでした



記憶をさかのぼる事、独身の頃
大阪で整骨院ではたらいていたことがあります

その診療所は、火曜、木曜、土曜だけの診療で
朝の8時半から夜中の1時くらいまではたらいていて、
その頃京都に住んでいた私は、
早朝から出勤し、その日は診療所に泊り、
次の日、京都にかえり、夕方だけお惣菜屋さんで働いていました

私は、(整骨院のお給料だけでは生活できないから)
という理由からやっていた事だと思っていました

ところが、
結婚してパートをはじめることになり、
今のランチパートと鍼灸院のパートを
かけもちして働くという方法をなんの抵抗もなく選んでいました

一度経験しているからなどと、
理由はいくらでもつけることができますが、
なぜ、自分はあえてそうやっているのか、
私のこのかけもちをするという心境は、
どこからきているのかと思いました



私は中学校のとき1組でした
3年までクラス変更がなかったのでずっと同じクラスメイトでした

入学したての頃、
出席番号が私のうしろだった子と、友達になりました

でも、独占欲の強い子で、私が他の子と仲良くしていると、
突き刺すような目でにらまれたことが何度もありました

私は嫌気がさして、影で他の子と仲良くしていました
でも、影で仲良くしていた子とも、
深くつきあえず、結局裏切るような事をして、
クラスメイトからつまはじきのようになったこともあり
誰とも口をきかない幽霊のような子と
一緒にいたこともありました


高校の時、
紺色のブレザーの制服の高校に入学しました
ヤンキーが多い学校で、
仲が良かった友達は妊娠して中退してしまいました

その子が学校をやめる日、友達つながりで、
あのこをよろしくたのむと言われた子と
仲良くしていたのですが、
またまたその子も独占欲の強い子で、
私は、また かくれて違う子と仲良くしていました


こうやって振り返ってみると、
いつも、自分を究極に求めてくれる人、場所
息苦しくなってかくれて付き合う人、場所
そんなところをあちらこちらにつくっては、
行ったり来たりしていました

でも、これは無意識に行われている事なので、
自分の中では、(しかたがない)とか、
(たまたま)などという理由で選んできていました



だったら、私はその人たちのことが好きだったのか?

一緒にいた友達を振り返ってみても、
好きといった感情は正直全くわいてきません

なにか、理由があって一緒にいる
というような感覚しかわいてきません


人を好きになるってどういうことなんだろう?


勤め先の先生に
通しではたらかないかと言われてから、
私はそのことをずっと考えていました




関連記事
プロフィール

zukamama

Author:zukamama
夫がうつ病になり、わが子が不登校になったことから、自分の生きづらさが関係していることを知り、回復に向けてやってきたこと、きづいたことを書きづつっています

セッションルーム あなここ
あなここ本の紹介
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
あなここインターンズ倶楽部
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。