FC2ブログ

うどん

私はうどんが好きだと思っていました

ネギがたっぷりのっかったうどんが好きだと言っていました


うどんが好きなルーツ


実家では、年越し蕎麦を家で作っていました

小麦粉を使わず、家でとれたそば粉だけでつくったそばは、
好きな人には良いだろうけれど、
私にとっては、汚い鼠色のまずい食べ物で
いつも食べませんでした

母は、そばを食べない私の為に
うどんをつくってくれました

みんな、年越し蕎麦を食べるのに、
私だけ年越しうどんでした

私にだけ、母はうどんをつくってくれました



高校の頃、私はお風呂場で倒れたことがあります

母は、朝ごはん食べてないせいやといい、
なんだったらたべられる?と聞かれ
うどんと答えました

その日から、母は
毎朝うどんをつくってくれました

たまごがのっかってたり、ねぎだったり、
あげだったり、なにかしらのっかったうどんでした


田植えや稲刈りの忙しい時でも、
母は、私がおきる頃には家に帰ってきてうどんをつくってくれました




私がすきなうどんは、母が作ってくれた
湯がいた袋めんでつくった、
やわらかいうどんです


私は、疲れた時や病気の時
うどんをたべます

私が仕事で家族が家にいるお昼ごはんのときなど、
家族に食事を作っておいて、
仕事から帰ったら
自分用にだけうどんを作って食べます



私がうどんを食べているときは、
現状をみないためにうっとりする行為だと
セッションで判明しました



私はうどんが好きなのではなく、
うどんを食べる事で
母親に特別に扱ってもらっていた事を思い出し、
自分を慰め、
現実からとおざかろうとしている行為であって
うどんが好きというわけではないことが判明しました


私は、うどんが好きだと思っていたので、
なんかボー然としていて
この事実をすぐに受け入れる気になれないでいます
スポンサーサイト
関連記事
プロフィール

zukamama

Author:zukamama
夫がうつ病になり、わが子が不登校になったことから、自分の生きづらさが関係していることを知り、回復に向けてやってきたこと、きづいたことを書きづつっています

セッションルーム あなここ
あなここ本の紹介
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
あなここインターンズ倶楽部
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR