スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おたいこさん

私が小さい頃、
おそらく母方の祖母だとおもうのですが、
着物をつくってくれました

お姫様みたいな金色のおたいこさんも一緒に用意してくれて、
町のおまつりに着て行きたいと
なんどか母にせがんだことがあります

母は、汚れるからという理由で、
お祭りに着物をきせてくれたことがありませんでした

お稚児さんという法要で着物を着た覚えがあるのですが、
残念なことに袴をはかされ、
顔は志村けんのバカ殿様みたいな白化粧をして、
冠をかぶって雅楽の音に合わせて境内を歩いたのですが、
おたいこさんはできませんでした

冠をかぶれたことは嬉しかったことをおぼえています

スーパーで、パッチンどめに藤の花がついている髪飾りが
よくうっていたときがあったのですが
私はあれが欲しくて、
買い物に行くと母に欲しいとせがみましたが、
どこにつけてくんやあんなものと、
絶対にかってもらえませんでした


はじめて着物を着たのが成人式でした
私が振袖を選んだ帯が、金色でした

地元で、母のいきつけの美容院に連れて行ってもらって
振袖をきせてもらったのですが、
母は一度も私をみて笑顔になりませんでした

親戚のおばちゃんが見せてほしい~と言ってきてたので、
二人で見せに行ったのですが、あまりに気分が悪くなって
おばちゃんの家でぬがせてもらった記憶があります

お正月、実家に帰った時、
母の部屋に用事がありはいったのですが、
箪笥の上に、あのおたいこさんがきれいにビニール袋に包まれて
まだおいてありました

母が祖母にぬってもらった着物は、全部燃やしたのに、
私が一度もきたことのないおたいこさんが
大事にとってあったのをみて、
着せてほしかったのに一度も着られなかった事を思い出し、
なんでこんなことするんだろうと
わけのわからない気持ちになりました

私の結婚式のウエディングドレスや着物を選ぶ時も、
母はまったく興味を示さず
式の時も私を一度もまっすぐ見てくれませんでした

私がきれいにしたり お洒落したり 
女の子を意識したりしようとすると、
なんともいえない、いや~な気持ちになっていたのは、
母が寂しそうにする顔 嫌な顔をする顔が無意識に思い浮かび
母より喜んではいけないんだと思い
私は 自分を着飾って喜ぶという事を
この年まで、封印していたんだということがわかりました

お嫁に来た時に、義母に
「なにより耳にピアスの穴を
あけてない子が嫁にきてくれてうれしい」と言われ、
私がきれいにしたりお洒落するとまた嫌われると思い込み、
子供がいるからあぶないしという理由で、
アクセサリーは結婚指輪すらしませんでした



私、本当はちょこっとしたアクセサリーをつけるのが好きで、
どちらかといえばゴールドが好きだし、
我が家の車がゴールドだし、
オレンジが好きなのも、元気が出る色だからと思ってたけど、
ゴールドっぽいからなのかなと思いました

そのゴールドは、
ちいさいときに着せてもらえなかったおたいこさんから
きてるのかなとも思います


これからは、自分のすきだな~とおもえるアクセサリーを
ちょっとづつ、つけていってみたいなと思います 














スポンサーサイト
関連記事

強がる

前回のブログは、去年の9月ごろ
小さいころに思っていた気持ちがぶわっと吹き出した頃、
文章にしたものです

私はいつも、
人と比較して、どう考えても
自分がおとっているように思えることが
辛くて、そのことを認めたくなくて

世話をやいてあげないといけないから とか
みんな平等じゃないとね とか
弱い人を助けないと などと

なにかをして”あげる”ことに夢中になることで
自分の劣等感をみないようにしてきました

相手がどんな状態かなどは見ていないし、
自分の本当の気持ちも見ていないし
無理ポジで強がり続けていました


一人になるとその反動でぐったり疲れて
なんにもできないでいると

なんだか責められているような不安に陥ったり、
自分ほどダメな人間はいないと落ち込んだり、
誰も私の事なんかきにしてくれないと寂しくなったり
もうどうでもいいやと、悲しくなったりしていました



小さいころに思っていた
自分が我慢して隠し続けていた本当の気持ちを認めて
そんなふうに思ってもいいんだと自分に許可をだしてみると

助けがほしければ求めてもいいんだし
いつも誰かがいないといけないってわけでも
ないんだなって思うし

それがわかると、
誰かの役にたってないとだめなわけじゃないし、
好きなものを選んでもいいんだし
嫌なことは断っていいんだというふうに
思えるようになります 

今まで、何度も落ち込んでは
楽に思えるきっかけがあると、そうか!そうだよな♪と
まるではじめてきがついたように浮上するという
繰り返しをしてきていました

比較したり
自分が悪いという感覚があったときを意識することで
自分が無理して何かをしようとする抑止力になるんだということが
やっとわかってきました ^_^;

関連記事
プロフィール

zukamama

Author:zukamama
夫がうつ病になり、わが子が不登校になったことから、自分の生きづらさが関係していることを知り、回復に向けてやってきたこと、きづいたことを書きづつっています

セッションルーム あなここ
あなここ本の紹介
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
あなここインターンズ倶楽部
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。