FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だしの香り

私はセッションを続けてきて、
好きなものが変わって行きました

まずはうどん→ねぎ→エビ→里芋の煮っ転がし

それぞれに、思い出があるのですが、
セッションで好きな卵焼きの味を決めるというミッションがあり
お店屋さんで買って食べてみたのですが、
どうにもこうにも、
自分の好きな味というのがわからなくなっていきました

最近の好きなものとして、里芋の煮っ転がしがでてきて
それは、おばあちゃんがつくってくれた
甘辛い味の茶色で照りっとした煮っ転がしで、
(この味が好きなら、出し巻きもそれにあった味になるべきだろう)と、
好きな味に”べき”を入れてかんがえるという
自分の好みを思い込みで決めていました

でも、私が普段からつくっている卵焼きは、
京風の白だしを使った茶碗蒸しの味を
少し濃い目にしたような味付けなのに、
とたんに、甘い味の卵焼きが美味しいと
家族に宣言したことで家族は混乱していました

いろんな味の卵焼きを作っても、家族はそろって
京風の白だしを使った茶碗蒸しの味を
濃い目にしたような味付けを選んで食べていました

やっぱり私もその味がいいんです
なぜその味がいいのか、私は、どうしてもわからないでいました

メンバーと好きな食べ物の話を振り返っていた時、
やはりうどんを連想し、
うどんのなかでダシが一番すきだったことを思い出しました

確かにネギもすきなのですが、
私は無意識にダシを多くつくって食べています

このダシが私にとってすきなものだったんだなとおもえる
記憶がありました

実家では、お客さんが来て、仕出し屋さんから料理をとったとき
お客さんの分だけしか用意されていなかったけれど、
おすましは、私の分もよういしてくれていました

私の分のおすましがあるということは、
母親のなかに自分が存在しているという
確認ができるものだったんだなと今さらながら思いだしました

お湯にほんだしを入れて、塩とお醤油を少々入れ、
椀だねには、小さく切ったお豆腐や、かまぼこ

そして、いつもなら小口切りにしてあるネギを
かっこうよく、斜め切りにしてありました

アツアツのおすましのお椀を持って、
ふぅふぅと息を吹きかけて冷まし
ずずずーっとお汁をすった時のあのカツオの香りが
ふわっと鼻にぬけていく感じ

味というよりも、なんともいえない良い香りが
鼻一杯、胸一杯に広がる感じ

あのなんともいえない良い香りが私は大好きでした

母が私の分としてつくってくれていたおすましを呑む事で、
私が母にとって存在してるんだという感覚を感じ
おすましの香りをかぐたびに、
自分の存在を確認していたのかなとそんな気持ちになりました

私は、煮物や鍋物、お味噌汁でもダシの濃い味につくります
冷蔵庫には、濃い口と白だしの濃縮だしを常備しています

だしの香りは、わたしにとって
存在していることを確認できる食べ物なんではないかと思います


スポンサーサイト

カレーレポート

きんたろうさんのカレーを作りました

第一回目

鳥肉を使って、
ルーはジャワカレーのスパイシーブレンドと
二段熟カレーの甘口を使いました
スパイシーで辛い

kare-1


第二回目
肉は鳥肉、
ルーはジャワカレースパイシーブレンドと
二段熟カレーの甘口をつかいました

前回と同じ材料でつくったのに、
なんだか違う~

スパイシーで辛いんだけど、
最初に甘みがきて複雑な味が楽しめる
と、言い聞かせてる感あり

kare-3

きんたろうさんのカレーの味を確かめに、
ロイヤルホストに行ってジャワカレーを食べてみました
ここで気づきました
私は辛いカレーより甘めのカレーが好き
でもって、ルー多めがいい

roiho



第三回目
肉はカレー用牛バラ肉、
ルーはジャワカレー中辛と
二段熟カレーの甘口を使いました
酸味にトマトを少し入れました

第一、第二と違うルーを使い、辛さもうんと減り、
今までつくった中で一番美味しい出来でした

kare-2

ちなみに・・・
第一回目と、第二回目と
同じ材料をつかったのに、なぜか見た目が違った理由がわかりました

火加減です

二回目は、
3時間煮込んだのですが火加減が弱火と中火の間くらいで
何度かお水を足してつくっています

一回目と3回目は、弱火でコトトコ煮込んでいます

同じ材料を使って料理をしているのに、
こんなに見た目が変わるんですね 

私は最初、あえて鳥肉をつかってカレーを作りましたが、
牛肉を使うとカレールーの濃さや照りが違うように思います

牛肉は高いというイメージから、
私はほとんどの肉料理に牛肉をつかいません

カレーに入れる肉ひとつでも、
こんなに色やルーの味が変わるんですね 
プロフィール

zukamama

Author:zukamama
夫がうつ病になり、わが子が不登校になったことから、自分の生きづらさが関係していることを知り、回復に向けてやってきたこと、きづいたことを書きづつっています

セッションルーム あなここ
あなここ本の紹介
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
あなここインターンズ倶楽部
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。