FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョーズ襲来

ずっと 息をひそめておった義母が、
ゴールデンウィーク明けに
我が家に来たいと言いだしたらしいんです・・・

3年ちかく、静かにしてくれてたんだけどなぁ・・・ ^_^;

(とうとう来たか・・・)という感じだけど、
我が家は長男も次男も自宅警備員状態

そんなこととはつゆしらず、
義母は孫の学生服姿や、
ランドセルを背負って学校に行く姿を楽しみに、
”歯の治療がしたいから”という理由から、
おそらく何か月か我が家に居るつもりでしょう・・・


主人は、
「”ちょっとまって、聞いてみるから”っていっておいた
俺は別にええねんけど、お母さんや子供らがなぁ・・・」


(なんでとっとと断ってくれないかなぁ)と、
あとでこの言葉を思い出して腹が立ったのですが、
でもまぁ、以前の主人なら、
有無を言わず、「ええで、おいでや。楽しみにまってるわ。」
とでもいって、喜んで義母を迎え入れ、
私たちは、当然のようにニコニコと義母をお迎えしなければいけない
状況に陥らされていたでしょうから、随分と進歩です

3年ほど前に、
同じように義母が”歯医者に通いたいから”という理由で
こちらに来ると言った時、
その頃の私は、すっかり義母を崇拝していたので、
わたしですら、「どうぞ、どうぞ」と電話で返事をしたのですが、
主人のうつ病の治療のお世話になっているの先生から
ドクターストップがかかりました

「この状態で、お義母さんがzukamama家に来られたら、
ご主人の病状は、悪くなっても良くはならないですよ

なぜなら、あなたがお義母さんを最優先してしまうからです

どれだけ自分が悪者扱いされようが、
家族を守ると思って、お義母さんが家に来ることを断りなさい」と
きっぱりいわれ、その時に
(ああ、私は私を守っていいんだ)と初めて思ったことを思い出しました

でも、それはある意味、
”いい嫁としてみてもらいたい”という私の殻を
打ち破らなければいけない作業でもありました

義母に断りの電話を入れた時、
手がブルブルと震えて止まらなかったこと、
いまだに覚えています



今回の事、子供たちにどうするか相談してみようかとか
二人で話をしたのですが、
そんなこと、子供たちに決断させるのも酷な話です

「私がうつ病になったってことにするか?」
などと話をしたのですが、
私は、以前義母が歯の治療がしたいからうちにきたいと言った時、
先生と、そういうやり取りがあったということを
主人に話をしました

「そんなやりとりがあったんか!?」と主人はびっくり・・・


丁度、明日、私と先生との面談があり、主人は、
「先生に相談してみてくれ」
とのことなのでそうすることにしました


もしかして、今度は主人が 
”良い息子”の殻を取り払う時がきたのかもしれません・・・

スポンサーサイト

お弁当

3月に入った頃から、
主人が毎日お弁当に手をつけずに帰ってくるようになりました

理由は、「忙しいから」

7年前、うつ病になったころの主人も同じように
「忙しいから」と、お弁当にてをつけずに帰ってきていました

その頃の私は、(せっかくつくってるのに!)と腹が立ち
「ちょっと!
私、お父さんの会社にお供えつくってるわけとちゃうで!」と
怒り、主人はむっつりと、黙ったままでした

今回も、
(またあのときみたいにうつ病がひどくなるんじゃないか)と
不安だったし、なにより、毎日、毎日、
一切てをつけられないお弁当箱を開ける虚しさ・・・

「ちょっと、まぢ~」と一度言ったことがあったのですが、
「しゃーないやん!」と言い返されました

主人は、そうやって弁当も食べずに頑張っている姿を
わざと上司に見せているんじゃないかと
そんな気もしていました

そういう自虐的な形で、上司に
アピールするのもどんなもんかと思いはしますが、
そのことで、私が家でガミガミいったのでは
主人も辛いだろうと思って、
(それならそれで、私ものっかっちゃえ)と、
一切なにもいわなくなりました


今朝、お弁当を作りながら
「そうそう、おとーさん。11日と14日は、
会社でお弁当出る日だったよね?」と聞くと、
「うん。」と主人

「んじゃその日は、お弁当いらないね~」というと
少しして、
「いつも 作ってくれてるのに ごめんな 俺 食わんで」

えっ!?

(主人がこんな言葉を私にかけてくるなんて!)
と、とても驚きました

「ほんまはな、割り切って食おうと思ったら 食えんことないねん」


「でも、 時間がもったいないねん 気になってしゃーないねん」


そうなんだね~

・・・今までの主人は、
(俺はいつもたいへんなんだ!)という感じで
私の言葉の攻撃に備えるような態度をとり、
こんな風に、本音をいってきたことがありませんでした

今回の主人の言葉が、
私に対する壁を取り除いてくれたような、そんな感じがしたんです

今までの私は、主人に対して
とげとげな気持ちで接していたんだなぁ・・・
そう気付かされました

「ま、気が向いたらたべて~」と
主人の通勤かばんにお弁当を入れておきました


おとーさん いつもいつも お仕事ごくろーさまです アリガトネ~ ^_^

プロフィール

zukamama

Author:zukamama
夫がうつ病になり、わが子が不登校になったことから、自分の生きづらさが関係していることを知り、回復に向けてやってきたこと、きづいたことを書きづつっています

セッションルーム あなここ
あなここ本の紹介
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
あなここインターンズ倶楽部
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。