FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰しております

お正月の挨拶をしたかと思っていたら、
あっという間に3月になってしまいました😳

その間、なんちゃって同居があり、
その事でブログを書いたりしていました😅


現在同居は解消され😁
いつもの暮らしに戻る事が出来ました👍🏻

また、色々発信して行きたいと思います😌




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
~あなここHPより~
「あなここ」は、
「あなたのこころをまもりたい」から派生したグループ名。
2009年、
2人のカウンセラーのボランティアからスタートしました。
創設以来、独自の 
Core(核) Rebirth(生まれなおし)セッションを開発しています。

人は誰でも「心のゆがみ」や「思考の癖」を持っています。
それはなぜ生じたのか、
今起きている問題とどのようにつながっているのか。
過去の記憶を探るとともに、
日常の言動に隠された無意識に注目することで、
もつれた糸がほどけるように解明されていきます。

驚きと納得のプロセスを繰り返しながら、
あなた自身の力で回復していく。
そんなプログラムを提供します。


詳しくはこちらへ ^_^
   ↓
Core Rebirth@あなここ

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

あなここ


スポンサーサイト

新年 あけましておめでとうございます

新年 あけましておめでとうございます

昨年 2月にプロとして、
セッション料金をいただくようになり、
あと1ヶ月で1年がたちます

至らないところも多々あったかと思いますが、
個別を申し込みいただき、ありがとうございました

時にはやさしく、時には背中を押して、
スーパーバイズしていただいた、
きんたろうさん、りんりんさん ありがとうございました

去年、新しくインターンも二人増え、明け方まで話しあったり、
にぎやかに楽しくオフ会を行ったり、家庭訪問があったり、
インターン生であり、”あなここ”のアドバイザーの
初の講演会があったり、講演会をおもいっきり応援したりなど、
色々な経験をしました

参加すること、経験すること、そして感じることで
今まで自分が当たり前のように行っていた行動に疑問が生じたり、
初めてやってみて、新しい世界観を感じることができたり、
カウンセリングだけでは得ることのできない体感を
感じることもできました


今年は、昨年にも増して、
自分のフラットさや感覚の柔軟さを維持できるようにし、
クライエント様の回復を、
全力でお手伝いできるようにしてゆきたいと思います

どうぞよろしくお願いいたします


zukamama

初日の出










*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
~あなここHPより~
「あなここ」は、
「あなたのこころをまもりたい」から派生したグループ名。
2009年、
2人のカウンセラーのボランティアからスタートしました。
創設以来、独自の 
Core(核) Rebirth(生まれなおし)セッションを開発しています。

人は誰でも「心のゆがみ」や「思考の癖」を持っています。
それはなぜ生じたのか、
今起きている問題とどのようにつながっているのか。
過去の記憶を探るとともに、
日常の言動に隠された無意識に注目することで、
もつれた糸がほどけるように解明されていきます。

驚きと納得のプロセスを繰り返しながら、
あなた自身の力で回復していく。
そんなプログラムを提供します。


詳しくはこちらへ ^_^
   ↓
Core Rebirth@あなここ

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

あなここ



ご挨拶

私、zukamamaは、
あなここインターンズブログでお知らせいたしました通り、
本日2月1日より、
プロ化に伴いセッション料金を頂くこととしました

概要としては、
個別セッション 1時間につき 1,000円とさせていただきます

詳しくは下記のページに記載しております
あなここインターンズブログ

あなここでセッションをうけ、これまで経験したことをもとに、
クライアントさまの生きづらさからの回復に向け、
お手伝いをさせてもらえればと思っています

まだまだ未熟で、行き届かない部分も多々あるかと思いますが、
気持ちの整理、自分の癖の意識づけ、
ご自分との対峙、これからの軸づくりなど、
私が持ち得るものの全力をつかい、
サポートさせてもらいたいと思います

どうぞよろしくお願いしたします m( _ _ )m

新年 あけましておめでとうございます

新年 あけましておめでとうございます 

昨年5月にあなここを卒業し、インターン生として活動をつづけ、
今年2月にはプロ化をめざすことにしました

まだまだ至らないところだらけではありますが、
いままで教わってきた事、みてもらってきたことをもとに、
すこしでもメンバーさんを大切に見て、
伝えていけるようして行こうと思います 

本年もどうぞよろしくお願いします m(_ _)m 

ケチをつける (メモ)

<ケチをつけるということに対しての
私ときんたろうさんとのズレ>

私のイメージ 難癖をつける 絡んでくるなど
きんたろうさんのイメージ 認証しないこと


<どれも好きでない> 私

私は好きという認証をしない

好きなものを言わない
それは誰にも興味ない状態

好きと言えない隔たり=母親への隔たり
何を選んでいいのかわからない人間は常に混乱

母親嫌いなのに好きなような自分を演じている
それにまわりは混乱する

母親好きになろうと努力している
すきでないもの好きといっている

本当に好きなのか?
取り繕ってる所混乱させられる

お母さん美味しいと言うから美味しいと思わなければいけない
その美味しいがお母さんの思い込みやったらギャップ一生うまらない
自分の好み全くなく、人の言ってる事に心奪われけちつけるしかない



<遮断して混乱させる> 私

意図的にずらす
家族の好みにあえてずらしている
ケチをつける(一致しない)ことでの遮断と
認証することでの遮断がある

ケチをつける あからさまな否定、遮断 と
認証する 肯定しているようで見ていない遮断 がある

ケチをつけられたにんげんが、
認証されているにんげんにケチをつける
ケチをつけた事に対する罪悪感をかんじられないくらいの量
認証された人間は、二つのタイプの遮断を受ける事になる
このことが日常茶飯事に起きている事で
ケチをつけた人間は罪悪感置き去りになる


正当化するためのいろんな方向性

気持ちいい 正解
気持ち悪い 不正解

気持ちよさを感じられない状態が当たり前で快を
つくるには、感覚を麻痺させるしかない

快と不快 決められず迷い混乱
そのため、与えられた常識(ガイドライン)に沿う
そこから外れるのが不快
そのために外れられない

<現状にとどまっているのか?>

質問されたときに、過去に言っているか、
先読みしているかにわかれず質問された事にこたえる

自分の意思、感覚をもつ
人にまどわされない おびえない
感情が貫通したらぶらされることが少なくなる
ぶれ少なくし、中心に持っていく
自分が判断する軸を作る

現状を見て答えを出す
そこで意見合うように判断する


--------------------------------------
<復習> ケチをつけること
--------------------------------------

ケチをつけることで、
相手の達成感を感じさせない

ケチは悪い評価(認証していない)と感じることから、
出来ていない(拒絶)と感じさせることができ
自信を無くさせ、自立する気持ち、やる気、勇気を削ぐ

自己肯定感を感じさせない

悪い方向に目や意識を向けさせている

そうやって奪い続けている

ケチをつける思考は拒絶し続ける思考

人とかかわりあうことを遮断させる


これがケチをつけられると言う風に考えると、
自分が今までされてきたこと


本が出来上がりました

私が、受けているセッションルームより
本が出版されることになりました ^_^

不登校のおこさんをもたれるお母さん
ひきこもりのおこさんをもたれるお母さん
そして、生きづらさをかかえて生活している方

自分がどうして今の状態になっているのか、
そして、どうやってかわっていけるのか

具体的な話をとり混ぜて書かれてある本です
是非、ごらんください m(_ _)m

本の帯より、
「なぜ、うちの子は学校にいけないの?」

著者自身の体験をもとに
親が知らない「不登校の真実」を解き明かす
回復は真実と向き合うことから始まる

「あまりにも図星だったので、本を放り投げたくなりました」
           (40代 中学生(娘・不登校)の母親)

「生まれた時から、ずっと私は機能不全家庭の中で生きている。
著者の経験が自分と重なった」
            (20代 独身女性)

アダルトチルドレン 、不登校 、ひきこもり・・・
今、「生きづらさ」をかかえている全ての人に読んでほしい本



わが子が不登校になった日

失ったものを取り戻そうとする子どもたち

ほんの表紙

著 者   柊  りん 
監 修   きんたろう
執筆協力 坂本美登利
イラスト   あいちん
図      けい
 木星舎より
定価 1,800円+税

購入方法
書店で注文する他に、
Amazonでも、購入することができます
こちらでどうぞ

わが子が不登校になった日
〜失ったものを取り戻そうとする子どもたち〜



今、苦しんでる方たちの一筋の光になればとおもいます

                              zukamama


自己責任

昨日、仕事から帰って昼寝をしていると
先生から電話がかかってきました

「○○さんの健康保険をちゃんと確認したのか?」
という問い合わせでした

その患者さんは、健康保険が変わったようで、
まだ届いていないので、
届いたら持ってくるといっていたとこたえると
6月の請求ができないじゃないかと叱られました

確かに、
私は先生に「今日○○さんの保険証を確認して」、
と言われた事はやったのですが、
その確認するという行動を取る事だけを意識し、
なぜそうするのか?ということは深く考えず

正直ちらりと、
(まだ保険証きてないって?
じゃあ6月分の請求はどこだすことになるんやろ?)と
考えもしたのですが、
(ま、先生がなんとかするだろう)
というような甘い考えで
疑問に思った事をスルーしました

(今週中にもう一度来院する予約も入っていることだし、
それまでにはなんとかなるだろう)
という風にも考えました

この考え方の癖には、
なにかあっても誰かがなんとかしてくれる
という責任を他の人に押し付ける感覚があるんだなとおもいます

この”誰か”の根本は、母親です

自分がなにやっても、結局母親にやりなおされる

そんな経験が、
自分で責任をとろうとしない根本として
あるのではないかと思いました

これは、自分でなにもかもできることが
母親にとって都合が悪いのと同時に

自分が母親に依存する事でなんにもしなくてもいい状態
でもあります

そして、
おかあさんのせいで私はこうなのよと
文句をいい続けて
自分から動こうとしない状態なんだなと思いました

そんなことの積み重ねが
今の自分を形成しているのであれば
これからは
自分のやっている事を意識して始末付ける事で
人生を取り戻すことになるんではないかなと思います


1ヶ月

卒業して1ヶ月が経ちました

あっという間だったように思いますが、
少し振り返ってみました

卒業するまでは、
対きんたろうさんとりんりんさん
二人の元で
育ちなおしをしていたような感覚で
卒業したあとは、対メンバー
メンバーを借りて育てなおし
ちょっとおこがましいのですが、そんな感じがしています

自分の中で
なんで私はそう思ったのか?などと自分の行動や思考に対して
自問自答すると同時に、
メンバーの言動に対して重ねる事ことは
子供たちに対して考えるのと同じで、
ボイスの中で少しでも感じとれないかなぁと考えています

自分の感覚を意識するのと同時に
メンバーを見て行く事で
自分の過去とつながることも出てきて
そのときに、もう一度記憶をたどり
過去に口に出して言えなかった事を話すことで、
自分を受け入れたり許せたりすることになり

そうやっていくことで、自分の完全回復に近づき
メンバーや子供たちの回復にもつながっていくのかなと考えています

卒業証書

卒業証書200


頂きました <(_ _)>
ありがとうございます

まさか、
はじめてセッション受けた時の事を書かれるとは  お恥ずかしい~

きんたろうさんやりんりんさん、
あなここメンバーとの今までのこと
思いだし笑いしつつ
振りかえられる卒業証書です (笑)

卒業を一区切りとして、
あなここでうけとったこと、つたえられるよう
そして、完全回復に向けて
ステップアップ 頑張りたいと思います

これからも、よろしくお願いします

リンス事件

私がセッションで話してきたなかで、
よく例題に上がる出来事があります

(リンス事件)です

私の住んでいた実家は農家で、
春になると田植えが始まるのですが、
その田植えをする苗の種を発芽させるために
お風呂を使っていました

なまあったかいお湯に、種をつけて発芽させるのに
ずっとお風呂が使えないため
田植え前の時期は毎年
何日もお風呂にはいれない状態になりました

田植え前は、田んぼをトラクターで耕したり、あぜをきったりと、
田植えの準備で大忙しで、
苗ができれば田植えでまた大忙しになり、
大人は家に帰るとへとへと状態になり、
体を手ぬぐいでふくのみ、
あとはご飯を食べてねるだけでのような感じでした

私が高校生の頃、
学校でプール開きがあった日に、
頭から水を浴びた時
私の頭から白い液体が流れ出たことがありました

私は、何日もお風呂に入っていないので、
体が臭いと思われているんじゃないかと思い、
その時期になると
髪に臭い消しのリンス液を塗って学校に行っていて
それが、水を浴びた時に流れ出たんです

クラスメイトが、
「なにそれ!?」と驚いた態度をしたとき、
私はとっさに
「あ~ 昨日お風呂入った時、リンス流すのわすれてる~」と
嘘をつきました

髪から白い液体が流れ出た私を
クラスメイトがどんな目でみてきているか
影で私を見た人が、余計な噂をひろげやしまいかと、
私はわざと、みんなに聞こえるような声でいいました
そのときは、取り繕うのに必死で、
うまく嘘がつけたかどうか、ただそれだけでした

このことを、私は親にも友達にも
誰にもいったことがありませんでした

クラスメイトは
当たり前のようにしてお風呂に入ることができるのに、
私は何日も入ることができず、

そんなことがばれたら、クラスメイトにどんな目でみられるか
考えただけでもあまりにも恥ずかしいし
どうにか隠すためにこっそりリンスを頭に塗って
ばれないようにして学校にいってるなんて

みんなそんな苦労なんてしたことないだろうと思うと、
なぜ自分ばかりこんな目にあわないといけないのかと思うと、
みじめだし、自分ちの状況はあまりにも変過ぎて
誰も理解してくれないだろうと思い、はなしたくありませんでした

自分がよその家とは、どうも違っていて
そして、かなり変なんだと言う事を
幼稚園に通うようになってから、
学校があがるたびにうすうす気づいて行き、
高校の頃には、
へんだということを常に隠すために
すっかり嘘がうまくなり
いつでも、とっさに嘘をつけるようになっていたんだなと
今さらながら思います


この間セッションできんたろうさんが
飲み物は何が好きかと聞いてきたときですら、
炭酸はお腹が痛くなるからいまいちだという返事をしています

我が家は炭酸の消費量が多いので、
ボンベを買って、水道水で炭酸をつくっています

そんな返事をしている傍らに、
自宅でつくった炭酸をつかった
チューハイのコップがおかれているという
うそつき状態が露呈したセッションでした

私はそのとき、
炭酸って確かあんまりよくないよな とか、
自分が好きかどうかよりも
どうみられているかをとっさに優先してこたえていました

普段から
自分が変だと言う事を隠す癖をもっていることが、
いつでも嘘をつく状態になっていて
そんなだから、人と楽しくコミニュケーションできず
誰といても自分が変なことがばれないかどうか
ひやひやしているような感覚で
気が休まらないし疲れるし、
生きづらかった原因でもあるのかなと思いました
プロフィール

zukamama

Author:zukamama
夫がうつ病になり、わが子が不登校になったことから、自分の生きづらさが関係していることを知り、回復に向けてやってきたこと、きづいたことを書きづつっています

セッションルーム あなここ
あなここ本の紹介
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
あなここインターンズ倶楽部
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。